新出生前検査 妊婦負担を軽減

妊婦の血液で胎児の異常などがわかる新しい出生前検査が1日から始まった。この検査は妊婦から血液を採取し、ダウン症や染色体異常などを判定するもので、妊婦の負担がが少ない。一方で、十分な情報がないまま中絶が広まれば、命の選別につながりかねないとの指摘もある。医療機関側は妊婦に十分なカウンセリングを行い、慎重に検査を進めてゆくとしている。
次の?画
豪で水上スキーとボート衝突

Facebook?1??