猫虐殺25匹目に 広島・呉市

広島県呉市で、虐殺された猫の死骸が相次いで発見されており、県警呉署は、動物愛護法違反と器物損壊容疑で捜査を進めている。同署によると、2日朝、同市東辰川町の民家の敷地内で、付近の住民が胴体のない猫の死骸を発見した。周辺に血痕はなく、何者かが別の場所で虐待および殺害し、遺棄したものとみられる。昨年3月から現在まで、市内で見つかった猫の死骸は、今回で25匹目。動物虐待は、他の凶悪犯罪に関与する可能性を示唆するという調査もあり、現地では住民の緊張が高まっている。
次の?画
ヘロイン密輸摘発 史上最大規模

Facebook?1??