猫を返せ 騙し取った男を提訴

とある無職の男性が騙し取ったのは、金やモノではなく“猫”だった。3日、捨て猫の里親を探す活動をしているボランティアら5人が、大阪府の枚方市に住む男性を提訴した。男性は、それぞれのボランティアに「猫の飼い主になりたい」と電話で連絡。猫を譲り受けたが、その後の確認で、すべての猫が行方不明になっていたことが分かった。ボランティアらは「責任を持って飼うと言って騙し、猫を奪い取った」として、猫の返還と、慰謝料一人あたり100万円を請求。男性側は、「自分の不注意で猫が逃げてしまったが、騙すつもりはなかった」と主張している。
次の?画
秋元康 クリエイター奴隷扱い

Facebook?1??
アジア

塾講師が教え子に口淫を強要

社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?