仏豊胸バッグ訴訟 癌リスクも

フランスのポリ・アンプラン・プロテーズ社(PIP社)の豊胸バッグを巡る裁判の初公判が16日、パリで開かれた。同社は人体に適さない工業用シリコンを豊胸バッグに使用。埋め込むと体内で炎症を引き起こすほか、癌やリンパ腫のリスクを高めるという。さらに、経年劣化によりバッグが破裂し、胸の形が変わるおそれもある。今回の裁判で有罪判決が出た場合、同社の幹部5人には懲役5年の実刑と、37500ユーロの罰金支払いが命じられる。
次の?画
美女大陸 タレント 張馨予さん

Facebook?1??
アジア

塾講師が教え子に口淫を強要

社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?