特撮を守れ 庵野監督がSOS

「ウルトラマン」や「ゴジラ」など、CGを使わない時代に作られた特撮ヒーロー番組。アニメや実写でメガホンを握る庵野秀明(あんの・ひであき)監督が、時代の変遷とともに失われつつある撮影技術のともしびを絶やさないようにとのメッセージを発している。関係者とともにこのほど発表した「日本特撮に関する調査」では、「日本が世界に誇るコンテンツ産業が失せようとしています」と危機を訴えたほか、昨年からは日本各地で「特撮博物館」という展示会を行い、技術の公開を進めている。CG全盛の特撮ヒーローに慣れ親しんだ若い世代に、訴えは届くのだろうか。
次の?画
居眠りか 阪和線オーバーラン

Facebook?1??
アジア

塾講師が教え子に口淫を強要

社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?