NASA 火星移住の実験開始

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、火星への有人探査ミッションについて、今後20年以内に実現可能という見方を示し、火星生活のシミュレーションを行っている。NASAはこのほど、火星移住実験の参加者を募集し、700名以上の応募者から、宇宙研究員、生物学者、地質学者、材料工学研究者、ロボット研究者、ジャーナリストの計6名を選んだ。この6名は今年3月から4ヶ月間、ハワイ州のマウナ・ロア山にある研究基地で、火星での生活をシミュレートして過ごす。メンバーは、電気や食料などが制限されたキャンプの中で寝食を共にする。また、屋外で探査などの活動をする場合は、必ずデモ用の宇宙服を着用しなければならない。地球から火星までの航行時間は約一年ということもあり、長旅を共にするのに一番ふさわしいペットロボットについても実験を行っている。
次の?画
ロシア、シリアにミサイル供与

Facebook?1??