国連で大暴言 日本大使に批判

またも日本人による問題発言が飛び出した。ジュネーブで5月21日から22日にかけて行われた国連拷問禁止委員会で、日本の代表として参加した上田秀明人権人道大使が、他の参加者に向け「Shut up(黙れ)」と発言したのである。この瞬間の動画が6月9日にYoutubeで公開され、多くの日本人による怒りのコメントが増え続けている。この人権人道大使というポスト、安倍首相が前政権時に「拉致問題」「慰安婦問題」に関する日本の地位向上のため創設したものだそうだが、動画での態度を見る限り、どうやらマトモには機能していないようだ。
次の?画
空飛ぶ寿司 英で新サービス

Facebook?1??
社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

国際

マイリーサイラス全裸ライブ?