動物の体内で人間の臓器生成へ

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用し、動物から人間の臓器を生成する技術の実用化に弾みがつきそうだ。政府の生命倫理専門調査会は6月18日、この技術について研究を認める方針を示した。例えば特定の臓器を作れないようにしたブタの受精卵に人のiPS細胞を注入し、人の細胞でできた臓器を持つブタを誕生させるもの。これまでは動物の体内に受精卵を戻すのは認められておらず、今後、出産の条件も含めて検討する。一方、人の脳神経や精子、卵子を動物から作ることや、霊長類を使用することなどには制約を設けるとしている。
次の?画
インリン 双子の妊娠を発表

Facebook?1??
アジア

塾講師が教え子に口淫を強要

社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?