税金で海外へ 夢の鹿児島県庁

従業員1000人に、3泊4日の海外旅行をプレゼント。もちろん費用はすべて会社持ち。さらに、出張扱いのため、給料だって支払われます! これだけ聞くと、有料企業として絶賛されそうだが、実施するのが県庁で、旅行予算が県民の税金……となれば話は別だ。鹿児島知事が1億1800万円の予算を計上した“研修旅行”プランに批判が殺到している。実施のきっかけは、鹿児島と上海を結ぶ国際線の不調。反日デモ以降観光客が減り、もともと週に4本あった定期便はすでに2本に減少。このままでは消滅の恐れもある……と焦った知事が解決策として打ち出したのが、今回の研修旅行案、というわけだ。県民だけでなく、職員内からも反対の声が上がっているが、知事は撤回を断固拒否。しかし、なんとも羨ましい話である……。
次の?画
CanCam表紙に異例の読モ

Facebook?1??
政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

国際

マイリーサイラス全裸ライブ?