新型ロケット発射へ 結果は…

8月27日、国産新型ロケット「イプシロン」の打ち上げが行われた。従来よりも低コストで打ち上げ可能で、組み立ても簡単。さらに少人数で運用可能と、徹底して低コスト・高機能を目指した次世代ロケットで、「ロケットの常識を覆した」とさえ言われている。そんなイプシロンは、同日13時45分00秒、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の内之浦宇宙空間観測所から、多くの人の夢と期待を背負って大空に飛び立……たなかった。ロケットはカウントダウン終了後もウンともスンとも言わず、やがてJAXAが打ち上げ中止をアナウンス。近くの見学場で見守っていた多くの人たちからは、一斉に失望の溜息がもれたに違いない。中止理由は、発射姿勢の異常。イプシロンに搭載された人工知能が発射19秒前に異常を検知し、カウントを停止させたという。発表によれば、次の打ち上げ予定は早くて3日後。万難を排し、今度こそ大空に飛び立つことができるのか!?
次の?画
闘犬賭博を検挙 367匹保護

Facebook?1??
政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

国際

マイリーサイラス全裸ライブ?