打撃の神様 川上哲治さん死去

元巨人軍監督、川上哲治さんが10月28日、入院先の病院で亡くなった。93歳だった。熊本県出身の川上さんは1938年に投手として巨人軍に入団。1944年に召集を受け陸軍航空隊に配属された時は俳優の故・丹波哲郎さんの上官だったという。戦後、巨人軍に復帰。野手として活躍した。現役生活20年間で2351安打、通算打率.313の成績を残し「打撃の神様」と称された。1965年には野球殿堂入り。背番号16は永久欠番になっている。巨人軍の監督として1965年から1973年にかけ、日本シリーズ9連覇を達成した。監督を退いた後も野球解説や野球教室の指導で活躍をしていたが、2013年に自宅で転倒した際、肋骨を骨折。これが引き金になり持病の心臓病が悪化、免疫状態が低下する老衰症状が急激に進んだという。10月30日に行われた日本シリーズ第4戦の試合前には川上さんに黙とうが捧げられた。
次の?画
サソリ毒が痛くないネズミ 米

Facebook?1??
アジア

塾講師が教え子に口淫を強要

社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?