一度死んで蘇生された無期懲役囚 刑期は終わったと主張 - トモニュース

米アイオワ州で1997年に第一級殺人罪に問われ、仮釈放なしの無期懲役を言い渡された66歳の男が、服役中に一度死亡したもののその後蘇生されたことを受け、「自分は一度死んだから刑期は終わったはずだ」と主張し裁判を起こした。
次の?画
太った飼い猫をこっそり機内に持ち込んだ男性 SNSで自慢し、マイルはく奪 - トモニュース

Facebook?1??
アジア

塾講師が教え子に口淫を強要

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血