【メラミンスポンジ】顔についたインク落とそうと…特殊なスポンジで頬こすり、全治1ヵ月の炎症 - トモニュース

三重県伊賀市の児童クラブ「児童クラブウイングうえの」で男子児童の顔についた油性ペンのインクを落とそうと、70代の女性支援員がメラミンスポンジで頬をこすり、児童が炎症を起こしていたことが明らかとなった。
次の?画
【年末ジャンボ宝くじ】偽造した当選券を銀行に持ち込んだ男 1等7億円騙し取ろうとするも失敗 - トモニュース

Facebook?1??