中国女性の纏足(てんそく) その理由に新説現る

中国で1000年以上続いた「纏足(てんそく)」。幼い頃から足を布で縛り、足が大きくならないようにする風習であり、女性に対して行われていた。

長年、「小さい足の女性が美しい」といった当時の美的観点が、その理由だと信じられてきたが、最近出版された一冊の本では別の理由が指摘されている……続きは動画で。
次の?画
職務質問され逃走した男性 海に転落し死亡

Facebook?1??
国際

スパイダーマンはやはり白人?

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

社会

搬送中の救急車に自転車投げる