共同通信記者が取材断られ、住民宅を蹴る

千葉県我孫子市で9歳女児が殺害された事件をめぐり、取材にあたっていた共同通信社の男性記者(20代)が、取材を断られた住民の家の壁を蹴っていたことが4月17日、わかった。

男性記者はインターホン越しに住民に取材を申し入れたところ、住民は「結構です、すいません」と断ったという。すると、記者は立ち去る際……。
次の?画
教え子と関係持った教師 性犯罪者として登録されず

Facebook?1??
国際

スパイダーマンはやはり白人?

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

社会

搬送中の救急車に自転車投げる