ハチの代わりにドローンで花に受粉?産総研が研究成果発表

産業技術総合研究所の研究チームは、小型ドローンを使用して、花を人工的に受粉させることができたとする研究成果を、2月9日付の米化学誌「Chem」の電子版で発表した。

使用したのは市販のドローン(縦横約4センチ)で、ミツバチ(マルハナバチ)を真似し、表面を馬の毛で覆った上、開発した粘着性の液体ゲルを塗った。実験では、遠隔操作されたドローンがユリの花から花粉を吸着し……→続きは動画で!
次の?画
4年間“彼氏”をねつ造?カップル写真の顔差し替え無断使用

Facebook?1??
国際

スパイダーマンはやはり白人?

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

社会

搬送中の救急車に自転車投げる