「ツリーマン症候群」とみられる少女、イボ除去手術に成功

女性として初めて「ツリーマン症候群」を発症したとみられるバングラデシュの少女が、2月7日にイボの除去手術を受けた。手術は成功し、数週間以内に退院できるとみられている。

「ツリーマン症候群」の正式名称は「疣贅状(ゆうぜいじょう)表皮発育異常症」。手や足に木の皮のような巨大イボができる極めて珍しい皮膚病だ。サハナ・カトゥンさん(10)の顔にイボができ始めたのは約4か月前で、イボは、鼻や耳、あごに急速に広がっていき……続きは動画で。
次の?画
16年前のポルノ出演が原因で、女性教師が出勤停止に

Facebook?1??