市の職員が「保護なめんな」

神奈川県小田原市の生活保護担当職員らが、「保護なめんな」などの文字が入ったジャンパーを着用して職務にあたっていたことが1月17日、分かった。

歴代職員計64人が自費で購入したというジャンパーには、胸に「HOGO NAMENNA(保護なめんな)」と書かれたエンブレムが付いており、背中には「私たちは正義。不正に受給して利益を得るような人は、あえて言おう“カス”であると」などと英文で書かれていた……。
次の?画
食べかけケーキを誤って販売

Facebook?1??