妊娠の女子高生に体育実技要求

京都府立朱雀高校が、妊娠7か月の高3女子生徒(18)に対し、卒業するためには体育実技の補習が必要と説明していたことがわかった。

女子生徒は2015年8月ごろに妊娠が発覚、同校は11月ごろから休学を勧めていたという。さらに2016年1月、卒業の条件として、持久走や球技など体育実技の補習を要求した。これに対し、生徒は……。
次の?画
「大きさ」で負け友人のペニス切断

Facebook?1??