烏の巣からハンガー 電車停電

カラスの巣からハンガーが架線に落下し、京阪本線など計96本が約1時間20分運行を停止した。停電が発生したのは、寝屋川市と淀屋橋の間。原因は、鉄柱の上に作られたカラスの巣からハンガーが落下し、電車に送電する架線に接触し大量の電気が鉄柱に流れたため。乗客が閉じ込められた車内では電気と空調が止まり、温度が徐々に上がって息苦しい状態になった。そんな中で喫煙を始めた乗客の男は、注意した視覚障害者の女性に対し「障害者のくせに上から目線で言うた」などと暴言を吐いた。
次の?画
対馬 韓国人との交流見直しへ

Facebook?1??