エアバッグ不具合でリコールへ

日米大手メーカーの車計300万台以上がリコールされることが分かった。対象となる車は、部品メーカー「タカタ」が2000~2002年に製造したエアバッグ搭載の車種。助手席に搭載されているエアバッグが展開時に破裂し、最悪の場合、火災や負傷などにつながるおそれがある。トヨタ自動車は、エアバッグの不具合は今までに計5件報告されているが、今のところ怪我人はいないと発表した。
次の?画
海老蔵 謎の占い師にハマる

Facebook?1??