市営バス「名古屋走り」で検挙

名古屋市営バスの運転士が信号無視で検挙された。愛知県警中署によると、11日午前10時45分ごろ、名古屋市中区新栄町の交差点で、青の矢印信号が消えたにもかかわらず右折したとして、名古屋市営バスの男性運転士(36)を道交法違反で検挙、青切符(反則切符)を交付した。名古屋近郊ではこうした信号無視を含む危険運転は「名古屋走り」と呼ばれ、各地で散見されている。「名古屋走り」のほとんどは道路交通法に違反しており、問題視されているものの後を絶たない状況が続いている。
次の?画
リア充コートで簡単に彼女ゲット

Facebook?1??