ボーイング737 尾翼検査へ

アメリカ連邦航空当局は、1000機以上の新型ボーイング737について、安全検査を実行するように命じた。問題になっているのは、水平安定尾翼のネジ。摩耗・腐食を防ぐ塗料が、間違った部品に塗られている疑いがある。この結果、飛行中に尾翼が分解し、上昇・下降の制御不能、ひいては墜落事故につながるおそれがあるという。
次の?画
橋下市長 週刊朝日に再び激怒

Facebook?1??