テレビカメラマン喧嘩後に死亡

マレーシアで、カメラマンが喧嘩後に心臓発作を起こして死亡した。22日夜、テレビ局でカメラマンとして働くモハメドさんが仕事を終えて帰宅した際、家の前に見知らぬ車が停まっているのを発見。その後、車の持ち主に車を移動してもらったものの、モハメドさんと車の所有者は喧嘩を始めた。それに気づいたモハメドさんの妻が隣人に頼み、喧嘩を仲裁してもらったが、喧嘩が終わった直後、モハメドさんは呼吸困難に陥った。すぐに病院に搬送されたものの、搬送途中で死亡が確認された。車の持ち主は全マレーシア・イスラーム党の支持者だった。全マレーシア・イスラーム党のグア・ムサン区立候補者は、この事件は政治とは全く関係ないと主張している。
次の?画
米リシン事件 訴追取り下げ

Facebook?1??