犬の“自家発電”手伝う警察官

台湾の交番所長が犬のオナニーを手伝っている様子を収めたビデオが、今台湾で話題となっている。新北市志明分署の黄(ほわん)所長がゴールデン・レトリバーの性器を40秒ほど触ってから、突然「あ〜出ちゃった!お前は早漏だね」と叫んでいる様子が、このビデオの中にしっかりと収められている。実際に犬が漏らしたのは尿だったとのことだが、現地の警察機関では、「黄所長の行為は不適切で、処分を検討している」と話している。黄所長は容疑を認めたが、「射精には至っていない」と弁明。また、自分は愛犬家だとも強調した。
次の?画
牧伸二さん 飛び降り自殺か 

Facebook?1??