ポロリ危機 力士まわし解ける

別の意味で“危うい”勝負だった。1月15日の大相撲初場所4日目、佐田の富士と時天空の取り組みで、2度にわたり、まわしが取れかかる事件が起きたのだ。時天空が佐田の富士のまわしを下から両手で掴むと、その結び目がはらり。行事が慌てて止めに入り結び直したが、再開後に再び外れかけた。さらに、土俵の外にいた審判に促され、控えに座っていた嘉風が“乱入”し、勝負中の土俵に力士が三人というシュールな光景に。結局、行司は手伝いの申し出を「関取に手伝って頂くわけにはいかない」と固辞し、嘉風は何もせず控えに退散。再び再開した勝負は時天空の寄り切りで決着がついた。結果はともかく、今回のMVPはポロリを未然に防いだ行事であることは間違いない。珍事がチン事にならなくて、本当に良かった。
次の?画
街角美人 Today’s Taiwan Cutie 林家蓁さん

Facebook?1??