オランダ 123年ぶり男の王

オランダのベアトリックス女王が4月30日、33年の任期を終えて息子のウィレム・アレキサンダー皇太子に王位を継承。123年ぶりに、オランダに「男の王」が誕生した。即位式はアムステルダム市内の新教会で行われ、ベアトリックス元女王が息子への期待を語った。皇太子の即位に伴い、妻のマキシマさんも王妃に即位。彼女はアルゼンチン政府の農業省大臣の娘として知られており、アルゼンチンでも王妃即位を祝った。
次の?画
車の盗難防ごうとした男性けが

Facebook?1??
アジア

塾講師が教え子に口淫を強要

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血