サメ対策で防護ネット 南ア

南アフリカのケープタウンにある海岸でサメから海水浴客らを守るための防護ネットが設置されている。ネットは毎日とりつけられ、海水浴客と海で生きる動物とを隔てている。このためサメは人がいるエリアに近づくことができなくなっている。ネットは海水浴の時間が終わると毎日取り外されている。南アフリカではサメによる人への攻撃が去年は5回あり、過去10年間で5人が亡くなっている。
次の?画
妊娠知識伝える「女性手帳」に批判

Facebook?1??
国際

スパイダーマンはやはり白人?

社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

社会

京大学生寮を警視庁が家宅捜索