貧乏人の子は低学歴 東大調査 

子どもの学歴は、才能でも努力でもなく、親の所得で決まる? 東京大学は5月16日、親の所得と子どもの進学率の関連を調べた結果を発表した。それによれば、年収1050万円以上の家庭では、子どもの国公立大学進学率は20.4%。一方、年収400万円以下の家庭では、進学率はわずか7.4%にとどまっているという。2006年に行われた調査と比べても格差が広がっており、親の年収の差が、そのまま子どもの学歴につながるケースが増加しているようだ。独立行政法人、労働政策研究・研修機構の調査によれば、高卒は大卒と比べ、生涯賃金は約7000万円低いという結果が出ている。そのため、大学に行けない低所得者の子どもは、必然的に低所得となる場合が多い……という見方もできるだろう。生まれた段階で人生が決まる社会、果たして正しいと言えるのだろうか?
次の?画
拳銃構え制止も 福岡で逃走劇

Facebook?1??
政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

国際

マイリーサイラス全裸ライブ?