日経平均が暴落 13年ぶり

13年ぶりの大暴落となった。5月23日の東京株式市場で、日経平均株価の終値が、1140円以上の急落となり、13年前のITバブル以来の大幅な下落幅を記録。マーケットは最終的に1万4483円98銭で終了した。主な要因は中国の製造業に関する指数PMIが、景気判断目安の50を下回り、円相場も円高に動いたことなどから、製造業や輸出銘柄に売りが広がった。このほか米国発の長期金利上昇懸念が重なり、株安を誘発したとの見方が広がっている。しかしきょう5月24日の株価は大幅反発。午前の終値は、1万4767円90銭まで回復した。投資家心理には安定感が広がってきている。
次の?画
オタク狙い連続恐喝 秋葉原

Facebook?1??
政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

国際

マイリーサイラス全裸ライブ?