拉致に暴行も誕生日にはケーキ

拉致された後、約1か月にわたり暴行を受けていた男性(52)が解放された。事件が発生したのは、米・ニューヨーク州クイーンズ区、男性は、警察官を装った男らに警官のバッジを見せられ、油断したところを拉致され倉庫に連れて行かれた。そこで男らは、エクアドルにいる男性の家族に電話し、身代金300万ドルの送金を要求。男性は、殴る蹴る、手に酸をかけられるなどの暴行を受けた。このような虐待は32日間続いたが、なぜか男性の誕生日には、男らはケーキを送り祝ったとのこと。無人のはずの倉庫に明かりがついているのとピザが配達されるのを不審に思った捜査官らが倉庫に乗り込み、拉致された男性を発見。警察は3人を拉致の容疑で逮捕し、残りの3人の行方を追っている。
次の?画
パンツかぶりスカートめくり

Facebook?1??
国際

スパイダーマンはやはり白人?

社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

社会

京大学生寮を警視庁が家宅捜索