廃墟の町が売出中 スペイン

スペイン南部のアンダルシア地方は、風光明媚な景色で旅人を魅了してきたが、現在では多くの場所が廃墟となり、破格の値段で売り出されている。最近ではイギリスのニール・クリスティさんが、わずか600万円で街を一つ購入した。スペインでは長年続く不況が原因で、住民が新しい生活を求めて都市部に移動し、多くの町が廃墟となった。これに目をつけた自治体や市役所は、こうした「ゴーストタウン」を破格の値段で売り出すことを決定。不動産会社の話によると、買い手は8割以上が外国人、うち3分の1がイギリス人だとのこと。
次の?画
映画館でエッチなショー 米

Facebook?1??
アジア

塾講師が教え子に口淫を強要

社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?