燃料高騰で漁師が集会 東京

円安で燃料価格が高騰し、経営が圧迫されているとして、全国漁業協同組合連合会(全漁連)は5月29日、政府に特別な支援を求める大規模集会を、東京・日比谷野外音楽堂で開いた。集会には全国の漁業関係者およそ2500人(うち国会議員200人)が参加し、国に燃料高騰分の緊急支援を求める内容の決議を採択。同連合会の服部会長は集会で「円安による燃油価格などの急騰によって、漁業、養殖業者が廃業にまで追い込まれるのは、許されることではない」とあいさつ、「アベノミクス」の副作用が漁業経営を圧迫していると訴えた。集会参加者はその後、国会周辺をデモ行進。集会場所に近い銀座・数寄屋橋では、漁業関係者らがツナ缶やノリなどの海産物を配って、漁業の現状を訴えた。
次の?画
史跡に落書き禁止を決定 中国

Facebook?1??