観光客、スラム街で撃たれる

ドイツ人観光客がブラジルのスラム街で、腹部を銃で撃たれる事件が発生した。5月31日、被害者の男性が友人とブラジル最大のスラム街・ホシーニャ地区を歩いていたところ、銃を持った男に遭遇、逃げようとしたが間に合わず、腹部を撃たれた。その後付近の住民が警察に通報し、男性は病院に搬送されたが重傷。特に肝臓部分の損傷がひどく、治療が続けられている。捜査当局によると、現場は「汚れた服」と呼ばれている地域で、麻薬犯罪組織による勢力争いが多発しているとのこと。
次の?画
神鉄バス社長 山中で遺体発見

Facebook?1??
政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

国際

マイリーサイラス全裸ライブ?