コッソリ変更していた統一球

日本野球機構(NPB)は、プロ野球1軍の試合に使用している統一球について、昨年よりも反発力を増すようメーカーのミズノに微調整を指示し、仕様を変更していたことを6月11日、明らかにした。プロ野球選手会や12球団に報告がないままだったため、選手の間からは反発の声が上がっている。WBC開催の決定後、「国内リーグとWBCの球には違いがあって困る」という選手の声を受け、NPBの加藤コミッショナーが、国際球の仕様に限りなく近い球「統一球」を提案、2011年から国内リーグで導入を開始した。しかし、統一球の導入後にホームランが激減。そこで同機構は、2013年のシーズンから使う球の仕様を選手や球団に報告せず変更、ミズノ社にも口外しないよう指示していた。今季から急に球の飛距離が伸びたため、選手らから疑問の声が上がっていたという。
次の?画
ASKA 脳疾患でライブ延期

Facebook?1??