膣痙攣&セックスレスで離婚

台湾の台北市に住むとある夫婦の間が、膣痙攣によるセックスレスを巡り、離婚裁判を起こした。妻の女性は、元交際相手からレイプ未遂を受けたことにより、性交時に膣痙攣を起こすようになった。その後、現在の夫と出会い結婚したものの、2年半で約20回ほどしか性交を行えず、男性の欲求不満が続いていたという。夫側は加えて、「膣痙攣のイライラを八つ当たりされた」と訴えているが、妻側は、「夫は夫婦でのカウンセリングも拒否するなど、問題の解決をせず、自分に全ての責任をかぶせた」と反論。妻は結婚の継続を望んでいたが、性行為の有無は結婚生活で重要だという点と、夫婦間で数年の間別居が続いていたという点が考慮され、離婚が成立した。妻は控訴する予定だという。
次の?画
女児の短パン下ろし失敗 京都

Facebook?1??