台湾 海を彩るサンゴの大産卵

台湾の宜蘭(ぎらん)県で7月27日、サンゴの産卵が確認された。発表したのは国立台湾海洋大学の研究チーム。同県海岸での実地調査は初めてで、6人の研究員が交代でサンゴを観察し、午後8時から9時にかけて産卵を確認したという。研究チームが発表した動画では、ピンクやオレンジ色をした卵が海中を漂う様子が確認できる。同海域はダイバーも少なく、サンゴの保存状態は極めて良好なのだそうだ。
次の?画
ネット依存の中高生約52万人

Facebook?1??
アジア

塾講師が教え子に口淫を強要

社会

給食にタバコ混入…児童が鼻血

政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?