末期直腸がんの看護師 台湾

3年前に末期直腸がんと診断された台湾人の看護婦、顔巧如さんが8月1日に開かれた激励会に出席した。「念願の台湾一周の旅に出て、応援してくれた人々に直接会ってお礼する予定」と発表。「過去に自殺を考えていた時期もあった」などと体験談もしたが、現在は生きることに専念しているという。顔さんの前向きな姿勢に周囲の人々は惹きつけられていた。
次の?画
田原総一朗 壇蜜で脱腸悪化

Facebook?1??