貧乏人に教育不要?奨学金破産

 「すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する」。日本国憲法で定められた基本的人権の一つである。しかしその機会は、本当に等しく国民全員に与えられているのだろうか?

 奨学金が返せず破産する人がいるかと思えば、不当な「ブラックバイト」に捕まり、肝心の学業に割く時間を失ってしまう……。貧しい家庭に生まれただけで、教育の機会が失われていいのだろうか。
次の?画
インドで反バレンタイン運動

Facebook?1??