前回王者スペインがW杯敗退 

【TomoNewsではFootball Weeklyが厳選したW杯の対戦ニュースをお届けします。】
前回王者スペインがチリ戦で完敗しW杯敗退。 2014年W杯ブラジル大会7日目(日本時間6月19日)、初戦オランダに負けたスペインが南米予選3位のチリと対戦し、0−2と完敗。前回王者の1次リーグ敗退は2002年のフランス、2010年のイタリアに続くものだが、世界のサッカースタイルを変えたスペインの敗退は世界中のサッカーファンを驚かせた。南米大陸での戦いは、南米勢に有利とは言われているが、欧州選手権を連覇し、前回大会にも優勝したスペインは当初、ブラジルに次ぐ優勝候補。FIFAランクも1位という揺るぎない存在だっただけに衝撃の度合いは高い。しかし、勝ったチリの戦い方はスペイン流であり、本家をしのぐ巧さで対応し、スペインを封じ込めただけに、スペイン流サッカーの名目は保たれたようだ。さらに、次期日本代表監督はスペインから招聘すると言われており、日本にとって気になる戦いだった。「バランスよく繋いで行く」サッカーは日本に向いているとされ、チリの勝利も大いに参考になりそうだ。
次の?画
腹いせに元恋人の全裸写真公開

Facebook?1??
政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

国際

マイリーサイラス全裸ライブ?