生活保護 不正受給が過去最多

 厚生労働省は3月9日、2013年度の生活保護受給に関するデータを公表した。それによると、不正受給の件数は4万3千230件となり、過去最多を更新。一方で、1件当たりの不正受給額は43万2千円で過去最少となっている。

 過去最多の件数と、過去最少の金額、この2つの数字は一体何を意味するのか。厚生労働省の説明によると……。
次の?画
リビアでISISが外国人拉致か

Facebook?1??