W杯 韓国敗退でアジア勢全滅

大会15日目(日本時間2014年6月27日)、韓国が0対1でベルギーに負け、アジア勢全チームのグループリーグ敗退が決まった。韓国代表はホン・ミョンボ監督と韓国サッカー協会との軋轢が伝えられており、大会前から敗退濃厚との見方があったという。結果として韓国は勝点1の惨敗を喫し、予想を覆すことはできなかった。アジア勢はオーストラリアが勝点0、イラン、韓国、日本が勝点1で、全チームともグループ最下位。この結果にAFC(アジアフットボール連盟)のカリファ会長は声明を発表し、「残念な結果だが、アジア勢の若さには可能性がある。さらなるレベルアップをアジア全体で計りたい」と語った。欧州型のサッカーをするオーストラリアがオセアニアからアジアに転入したことにより、レベルアップが期待されていたが、肝心のオーストラリアが世代交代に失敗。2015年1月に行われるアジアカップからの巻き返しが期待されている。
次の?画
街角美人 Today’s Taiwan Cutie 白白さん

Facebook?1??