若者応援企業 実態はブラック

厚生労働省に「若者応援企業」として登録されていたIT会社。だがその実態は「応援」どころか、若者を使い捨てにする「ブラック企業」だった。2014年8月7日、神奈川県の女性(24)が、元勤務先のライフクリエイションズ(東京都港区)に対し、過重な業務を強いられたとして訴えを起こした。それによると、女性は未経験にも関わらず、わずか1か月の研修で他社に派遣され、高度な専門知識が必要な仕様書の作成に携わっていたという。業務について上司に質問しても無視され、逆にパワハラやセクハラの対象に。女性の基本給は18万円で、200時間のみなし残業を含んでおり、さらに研修中の賃金は未払いだった。訴えられたIT会社は「訴状が届いていないのでコメントできない」としているが、厚生労働省は「法令違反があれば(若者応援企業の登録の)取り消しも含めて検討する」と話している。
次の?画
美女大陸 女優 劉萌萌さん

Facebook?1??
政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

国際

マイリーサイラス全裸ライブ?