J1首位の鳥栖、尹監督を解任

サッカーJ1首位のサガン鳥栖が、8月7日付けで尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督(41)を解任したと発表した。同クラブ側は8日、記者会見を開いて解任の理由などについて説明する予定。首位のチームを率いる監督が任期を残して退任するのは異例で、来季の契約をめぐりクラブ側と対立したとみられている。このため9日の広島戦は、吉田恵コーチが指揮を執るという。元韓国代表の尹監督は、現役当時J2だったサガン鳥栖などで活躍した。2007年に引退後、同クラブのコーチなどを経て、2011年、監督に就任。1年目で初のJ1昇格を果たし、2013年の天皇杯ではクラブ史上初の4強に導いた。
次の?画
若者応援企業 実態はブラック

Facebook?1??