安倍首相、長崎でもコピペ?

長崎市と広島市で開かれた平和祈念式典で、安倍晋三首相が行ったスピーチが、2013年のものと酷似していた内容だったため、「コピペ(文章の切り貼り)」ではないかという疑惑が広がっている。長崎市で8月9日、広島市で8月6日に行われたそれぞれのスピーチの冒頭部分は、原爆投下からの年数が「68年」から「69年」に変わったことなどの一部をのぞき、一字一句が同じ。末尾もほとんど同じだったという。原爆被害者団体の事務局長は「広島や被爆者、平和を軽視している証左だ」と批判した。この「コピペ」疑惑について、加藤勝信官房副長官は会見で8日、「核軍縮や被爆者援護などの進展が盛り込まれている。全く同じものではない」と釈明した。
次の?画
性欲に負けた警官 交番前で…

Facebook?1??