バードストライクでタカ巡回

バードストライクに悩む空港が新たな対策に取り組む。成田国際空港はバードストライクの発生件数を減らすため、鷹匠による鳥の追い払いを8月11日から17日まで試験的に実施する。バードストライクは鳥が航空機と衝突するもので、エンジンなどと衝突した場合、深刻な事故につながる可能性がある。これまで1日5回、猟銃を持った職員がパトロールし、鳥の群れを見つけると、空砲を撃つなどしていたが、減少につながっていない。このため、海外の空港などで実績のあるタカを使った対策を試すことにした。成田空港ではバードストライクの件数は2009年は46件だったが、滑走路の延伸後増えていて、2013年には過去最高の113件を記録。2014年も前年並みのペースで推移しているという。空港側は鳥の出没が多い朝夕を狙って、タカを1日2回テスト。効果があれば、他の対策と併せて本格的に実施する方針だ。
次の?画
街角美人 Today’s Taiwan Cutie 鞠兔さん

Facebook?1??
政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

国際

マイリーサイラス全裸ライブ?