京大 買い物客らを無断で撮影

研究のために無断で撮影。京都大学が京都市内の商業施設に実験用カメラを複数設置し、約3年8か月間、買い物客らに無断で撮影していたことが8月12日までに分かった。無断撮影が明らかになったのは京都市中京区にある複合商業施設「新風館」。京大学術情報メディアセンターはこの館内に計34台のカメラを設置し、2010年9月から来館者を撮影していた。公共の場所で特定の人物をカメラで追跡する技術の研究が目的だという。商業施設と大学側は実験中であることを伝える掲示をする約束を交わしていたが、報道機関の取材をきっかけに無断撮影が発覚した後の2014年4月に「カメラ動作中」という掲示をするまで何も掲示していなかった。研究は京大のほか東大や名古屋大、電子機器関連企業が参画した文部科学省の公募事業。国の補助金を受けており、大学から報告を受けた同省は8月8日、文書で京大に注意した。
次の?画
「りあるキッズ」解散 原因は

Facebook?1??
政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

国際

マイリーサイラス全裸ライブ?