4-6月期のGDP年率-6・8%に

内閣府は8月13日、2014年4月から6月までの国内総生産(GDP)を発表した。消費税増税後に個人消費が落ち込んだことなどから前の3か月と比べて-1・7%、年率で-6・8%。東日本大震災のあった2011年1月から3月(-6・9%)以来の大幅な落ち込みとなった。個人消費が4月の消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動で、自動車や家電製品を中心に大きく落ち込み、-5%。企業の設備投資も、4月でサポートが打ち切られたマイクロソフト社の基本ソフト「ウィンドウズXP」のパソコンを大量に買い換えた後の反動などで、-2・5%となっている。また、GDPベースでの輸出も前の3か月に比べ-0・4%と振るわなかった。
次の?画
プール脇に遺体 知人3人逮捕

Facebook?1??
政治経済

東京五輪エンブレム、使用中止

国際

スパイダーマンはやはり白人?

国際

マイリーサイラス全裸ライブ?