甲子園に「偽ラガーさん」現る

甲子園のバックネット裏の最前列で、全試合を観戦しテレビ中継にいつも映っていることで知られる「ラガーさん」こと善養寺隆一さん(48)。トレードマークは、蛍光イエローのキャップと、試合ごとに着替えているというボーダーのラガーシャツ。8月16日、隣の席に似た格好をした「偽ラガー」と呼ばれる人物が現れ、ネット上で話題になった。ラガーさんは、この人物について、「一切関係ない」としたうえで「同じ様な服装で女性にしつこく付きまとうなどの行為を繰り返し、迷惑している」と怒りのコメントをフェイスブックに投稿。一方、「同じ様な格好をすることは個人の自由だ」としている。高校野球は自由席であるため、ラガーさんは甲子園の期間中毎日、バックネット裏に通じる「8号門」の入口前で仲間達と一緒に並び野宿しているのだそう。これを10年以上も前から続けていて、甲子園ではファンから握手を求められることもあるのだとか。7月には2冊目の本も出している。
次の?画
少女遺体「押し入れに隠した」    

Facebook?1??