搬送中の救急車に自転車投げる

脳梗塞患者を搬送していた救急車の走行を妨害した疑いで、神奈川県警川崎署は無職の本白水政和容疑者(40)を逮捕した。8月21日の発表によれば、8月16日午前6時50分ごろ、50代の女性患者を搬送していた救急車に自転車を投げた疑いが持たれている。救急車は自転車に乗り上げ停車。警察に通報した救急隊員が現場に留まることになったため、病院側が別の救急車を手配し、約14分遅れで患者を病院に搬送した。女性は脳梗塞と診断され、重症。川崎署は搬送の遅れと容態の因果関係は分からないとしているが、女性は以前も脳疾患にかかったことがあり、女性の夫は「手遅れになると命に関わると以前から言われていた」と話している。男は事件直後「救急車がうるさい」と言っていたが、その後容疑を否認。しかし、救急車のドライブレコーダーには、自転車を投げる男の姿が写っていたという。
次の動画
広島で大規模な土砂崩れ 39死

Facebookコメント
この動画へのコメント
[email protected]

[email protected]
[email protected]けします。
無料登録できますので、お気軽にどうぞ。
QRコードを、LINEの「友達追加」→「QRコード」で撮影

または、スマートフォンから下のURLにアクセス。
https:[email protected]